概要

担当スタッフ

HOME > 概要

主要な担当教員スタッフ(2020年度)

  • 大川 啓
    日本近現代史
    災害や米価騰貴といった生活危機への対応に着目して、都市社会のあり方とその変容を研究している。
    業績:「民衆運動と近代社会」(『日本史研究』690号、2020年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 小熊 誠
    民俗学
    沖縄の民俗文化を中心として東アジア諸地域、とくに日本本土と中国との比較の中で、それぞれの民俗文化の特徴を明らかにすることを目標としている。
    業績:「日本と中国の境界を越える門中」(『<境界>を越える沖縄』森話社、2016年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 久留島 典子
    日本中世史
    史料学・ジェンダー史視点に留意しつつ、「一揆」「村落」「家」など中世の人々の組織結合のあり方を研究している。
    業績:「益田氏系図再考―史料編纂所寄託益田氏関係系図の紹介と考察」(『東京大学史料編纂所研究紀要』第29号、2019年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 昆 政明
    民俗学
    列島の海民がくり広げたダイナミックな活動を、漁撈技術と船を通して明らかにし、海と人間の関わりを捉え直す研究をしている。
    業績:「北日本における伝統的木造漁船の船体構造の変遷過程」(『国際常民文化研究叢書5―環太平洋海域における伝統的造船技術の比較研究』2014年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 後田多 敦
    日本近代史、琉球史
    明治政府による琉球国併合過程の検討を通して、近代日本の成立とその特質、また周縁の問題について研究している。
    業績:『救国と真世―琉球・沖縄・海邦の史志』(琉球館、2019年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 周 星
    中国民俗学・文化人類学
    現代中国における「生活革命」を課題に民俗学や文化人類学の立場より、調査・研究している。
    業績:共著『民俗学の思考法』慶應義塾大学出版会、2021年
    ●教員の研究者情報へ
  • 角南 聡一郎
    仏教民俗学、物質文化研究
    墓標などの石造物からみた仏教、民間信仰の諸相について、調査研究をしている。
    業績:「日式標札の成立と越境―旧日本植民地における諸相とその後」(『帝国日本における越境・断絶・残像―モノの移動』風響社、2020年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 関口 博巨
    日本近世史、古文書の整理と修復
    近世の村と町をめぐる研究。とくに身分と差別の問題に着目している。古文書の整理・修復の実践にも取り組んでいる。
    業績:『近世村落の領域と身分』(吉川弘文館、2021年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 前田 禎彦
    日本古代史
    平安時代を中心に古代の法・裁判・刑罰をめぐる諸問題の検討を通して当該期の国家・社会の特質を明らかにすることを目標としている。
    業績:「中世二神氏と二神島」(『歴史と民俗』35、平凡社、2019年)
    ●教員の研究者情報へ
  • 丸山 泰明
    民俗学
    近現代の民俗宗教や民俗学史について、特にメディアとの関わりに着目しながら研究している。
    業績:『渋沢敬三と今和次郎―博物館的想像力の近代』青弓社、2013年
    ●教員の研究者情報へ
  • 安室 知
    民俗学(生業論、環境論)、物質文化論
    水田漁撈や畦豆栽培といった水田環境の多目的利用技術を通して、自然と人の関係について研究している。
    業績:『都市と農の民俗―農の文化資源化をめぐって』慶友社、2020年
    ●教員の研究者情報へ
  • 山本 志乃
    民俗学(交通交易論)・旅行文化論
    旅や移動を生きる術としてきた人びとの暮らしの諸相から、記録に残りにくい生活の実態に迫る。
    業績:『「市」に立つ―定期市の民俗誌』創元社、2019年
    ●教員の研究者情報へ