概要

教育理念

HOME > 概要

学科のない大学院

歴史民俗資料学研究科は、特定の学部に基礎を置かない大学院である。神奈川大学の各学部に所属する教員が本研究科の教育及び研究指導にあたっており、本学の充実した研究スタッフを全学的に結集した研究科である。研究指導にあたる教員は全学から集まるが、研究指導が行われる施設は1カ所にまとまっており、演習室、図書室、共同研究室、実験実習室その他の施設に加え、院生研究室がある。

歴史と民俗の資料学

歴史民俗資料学研究科は、日本における歴史学・民俗学の発展を背景に、さらに新たな領域を開拓するために1993年に設置された日本で初めての資料学研究科である。歴史研究や民俗研究の基礎には必ず資料が存在するが、その資料を適切に扱い活用する技法を身につけ、資料を分析して日本社会を究明する研究能力を高めることを研究科の大きな目標にしている。それに加えて、資料の調査収集、修復保存などについても十分な知識と技能をもつことも指導目標としている。こうした指導方針は、本研究科を主体とした「人類文化研究のための非文字資料の体系化」が、2003年度COEプログラムに採択されたように、社会的にも高い評価を受けている。

幅広い科目の総合的活用

日本史各時代別の科目や民俗学および博物館学各分野の科目に加えて、文化人類学、考古学、建築史学、保存科学、資料分析学など、幅広い科目をカリキュラムに組んでおり、それらを学ぶことで、文字資料、民俗資料、民具資料、考古資料、図像、建造物など多様な資料を十分かつ総合的に活用できるようになることを目指している。

常民文化研究所の伝統を生かして

歴史民俗資料学研究科の教育・研究活動は、神奈川大学付置の日本常民文化研究所および非文字資料研究センターと密接に連携して行われている。この研究所は1921年に渋沢敬三によって設立され、1982年に神奈川大学に移管された。研究所は歴史と民俗について多彩な研究活動を行ってきた。学生は研究所の研究会、資料調査に参加する機会も多く、また研究に研究所所蔵資料や図書の利用が可能であり、その点において大学院のなかでも最も豊富に資料と情報を活用できる研究科である。

社会に開かれ、社会に貢献する研究科

歴史民俗資料学研究科では、学生諸君が地域文化活動や地域文化の保存・育成にあたる研究者に成長することを期待している。そのため、学部から直接進学してくる学生だけでなく、改めて日本社会や文化を再考してみたいと思うようになった社会人、あるいは自己の仕事を再検討、再構築したいという現職の学芸員・文書館員・教員を積極的に迎える考えである。社会人学生の履修の便宜のため、昼夜開講制をとっており、夜間の授業を主として履修することで修了要件をみたせるように配慮している。また、神奈川大学には学芸員課程が開設されているので、併せて履修することで、修得した知識・技能を活用する途を探ることも可能である。