カリキュラム

カリキュラムの特色

HOME > カリキュラム

3つの研究分野から、自己の専門性を高める

歴史民俗資料学研究科の教育研究は、従来からの歴史資料学、民俗資料学に新たに非文字資料学を加えた3分野からなります。非文字資料学は2003年度に採択された21世紀COEプログラムの研究結果を取り入れた研究分野として国内はもとより、海外からも注目されています。

3つの研究分野から、自己の専門性を高める

学生のみなさんは専門とする科目を選択し、その講義・演習を履修して複数の教員による研究指導を受けることができます。みなさんは上記3つの研究分野の区分に関係なく、自己の専門性を高めるために必要な科目を自由に選択できます。特にオーラルヒストリー特論は、口述される民衆の世界を研究する分野としてその研究手法が学界でも注目されており、歴史学の自立という観点からも先端的な科目です。

充実した関連科目、実習科目

歴史民俗資料学の研究をさらに深めるために、文化人類学、考古学、人文地理学、比較文化論、アジア史、ヨーロッパ史などの科目があります。2009年度以前の博物館資料学関係の科目は独立性を高め、さらに情報処理・発信特論を加えることで内容が充実しました。

研究動向が多様な教育課程

実習科目を重視し、実技実習と調査実習を開設しました。資料を扱う技能や調査方法を実践的に習得できるようになっています。また論文作成指導の強化を図るため論文演習を新設し、教員全員で指導にあたる体制を整えました。

研究動向が多様な教育課程

社会人学生の履修の便宜のために私たちは昼夜開講制をとっています。夜間の授業を主として履修することで、修了に要する単位を修得できるようしています。さらに学生の種々な状況に対応するため、長期履修制度を設け、3年ないし4年をかけて学修する条件を整えるとともに、セメスター制への切り替えも行なっています。

研究動向が多様な教育課程

私たちの教育や研究活動は、日本常民文化研究所や非文字資料研究センターと密接に連携して行なわれております。研究所の豊富な所蔵資料の利用や研究所やセンターが主催する数多くの研究会・研究調査に参加可能なのはもちろん、中国・韓国・ドイツなど海外提携大学への短期留学もできます。2009年度からは文部科学省「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備推進事業」委託費による「国際常民文化研究」に関わる事業がはじまり、さらなる学生の幅広い調査研究活動をサポートします。